意外な男性の本音が丸わかり!男が嫌がる女性の言葉

 ふとした拍子に言っに言葉が原因で、彼氏と大喧嘩に発展してしまつたという経験はありませんか?女性にとつ てはなんのけなしに言っに言葉でも、男性側からするととても気に障る言葉というものがあります。

また今は喧嘩したことがないという人も、実はあなたの発言によつて彼氏は日々フラストレーションが溜まっているかもしれません。それが爆発して大喧嘩とならないためにも、女性は男性が嫌がる言葉を知っておく必要 があります。

 

他者と比較するような言葉

他者と比べられるような言葉は、誰でも気分は良くないものです。男性は女性からカッコよく見られていたい欲求が強い生き物なので、他の人と比べられるような言葉をとても嫌います。 特に身近な同性の知人と比べるような発言は、絶対にNG。また兄弟がいる男性の方が、この言葉にカチンとく る人が多いようです。昔からどうしても兄弟と比べられてきたため、そういった発言には敏感になっているので しょう。

 

男らしさに関する発言

最近は女性に「女だから」、「女のくせに」という旨の発言をすると、セクハラや差別だととられてしまいます よね。しかしこれは、逆もまた然りです。 女性が「女だから」といわれると不愉快になるのと同じように、最近は男性側も男なのに、男だからと言われるのをとても嫌います。男のくせに女々しい、と思いましたか?その考えこそが誤りなんです。

 

でも、だってという一言

例えば彼に欠点や悪い点を1酎滴されに際に、いつも「でもJ、「だって」という言葉を使ってはいませんか?多少のわがままはかわいいで済まされるかもしれませんが、あまりにこの言葉を多用しているようだと、彼はうんざりしているかもしれません。

また「〇〇でもいいよ」という話し方も、男性からするとちよっとモヤッとしてしまうようです。妥協している感が強く出てしまうからでしようね。

 

趣味や趣向に対する余計な一言

彼女か自分の趣味や趣向に理解がない場合、よく口にされるのが「なにが楽しいの?」、「またそれ?」という言葉です。 彼女としては自分にもうちょっとかまってほしい、という気持ちの表れのつもりで言っているのかもしれません が、好きなものに対してそのような言動をされるというのは、非常に面白くないものです。趣味と私どっちが大 事なの、という旨の発言も、男性はげんなりしてしまいます。何事もお互いの価値観を認め合うことが大切にな ります。

 

まとめ

男か嫌かる女性の言葉について紹介してきましたが、いかがだったでしようか。女性にとっては何気ない一言でも、男性の心をささくれ立たせる言葉は意外と多いです。大切な彼と喧嘩になる前に、きちんと言葉を考えて発言はするようにしましよう。


【人気アクセスランキング】

 

PAGE TOP