厚生労働省が公式にその効果を認めた方法を手っ取り早く知りたい方は公式サイトへ

歯 ホワイトニング 公式サイト

本当は高額な歯科医のホワイトニング

歯医者さんで1回治療を受けると、いくらくらい払っていますか?

だいたい1回2千円くらいではないでしょうか?

でも、これは社会保険があるおかげで、2割の負担額で済んでいる結果です。つまり実際に歯科医が受け取る報酬は残りの8割分を保険から受け取っているため、患者が払う金額は2千円でも、歯科医が受け取る金額は1万円になるわけです。

15分ほどの治療で、しかも同時に複数の患者を治療していることを考えると、歯科医は1時間当たりに10万円くらい稼いでいることがわかるかと思います。

しかし、一見すごく儲かるように見えるこの金額も、実情は楽ではありません。歯科医はこの診療報酬から、助手や受け付け会計係の給料、医院の家賃、そしてあの高額な歯科医療機器のレンタル費を支払わなければならないのです。

歯 ホワイトニング スキン

倒産が激増している歯科医の実情

厚生労働省の最新情報によると全国の歯科診療所は6万8千施設を突破し、コンビニの数をはるかに超えてしまいました。一方、このうち年間1,400施設が廃業に追い込まれています。つまり、1日に4件の歯科医が倒産してしまっているわけです。

このように大量の歯科医が倒産している原因は、増えすぎた歯科医院の過当競争だけではありません。もう一つ大きな原因があります。それは患者数の減少です。

歯磨き習慣の一般化や、歯磨き粉と歯ブラシの高機能化により、虫歯になる人の数は急激に減ってしまいました。これら虫歯患者数の減少には、モンダミンやデンタルガムなどのオーラルケア製品も一役買っています。さらには少子化という言葉で知られるように、虫歯患者の主役である子供の数自体が減少してしまっています。

このように歯科医は医院数が増え続けて過当競争が激しくなる一方、お客である虫歯の患者数は減っていく一方であり、生き残るためには、1時間当たり10万円をどこからか稼いで来なくてはならないという窮地にあります。

歯のホワイトニング機器2

 

歯科医が殺到している美容分野

歯科医の美容分野というと思いつきにくいかもしれませんが、歯列矯正ホワイトニングのことです。これらは虫歯と違って病気ではないので、保険がきかないという特徴があります。つまり全額が患者の自己負担となります。

歯列矯正は歴史があるので数十万円かかるのは広く知られていることですが、歯科医でのホワイトニングはここ数年で広まった分野なので、まだあまり知られていません。しかし、これまでご説明したことから歯科医でやるなら、いくらくらいの価格でないと病院が成り立たないかは、およそ想像がつくかと思います。一方、非常に安い金額で歯のホワイトニングを掲載している歯科医の広告も見かけますが、必ず「自由診療」あるいは「公的保険の適用外」とされており、「すべて自己負担なのにその金額で成り立つの?」と首をかしげてしまうものが多いですが、これは女性で言えば脱毛、男性で言えば増毛・植毛と同じセールス手法で、入り口の金額は安くなっているものの、結局まともにやると高額になるものです。

歯 ホワイトニング お金

人の歯は、上下に16本ずつあり、合計32本です。笑うと下の写真のように結構、奥歯まで見えてしまうものです。前の方だけ白くても、奥の方が黒ずんでいたのでは全体的におかしな笑顔になってしまいます。なんか広告に書かれている本数が少なくありませんか?

歯科でのホワイトニングは主として、漂白剤やLED光を使う「医師だから安心して任せられる技術」ですが、実際に施術するのは「歯科医もしくは歯科衛生士」という記載になっていたりしませんか?歯科衛生士と言うのは、歯科医に行くとエプロンをつけてくれたり、治療後に歯からはみだしたセメントを取ってくれたりするあの助手の方たちのことです。このような歯のホワイトニングの実態は推して知るべしと言ったところでしょう。

歯のホワイトニングで美しく

歯のホワイトニングでおすすめの方法

口の中のケアについては、「オーラルケア」という専門分野が確立しているアメリカが最も進んでいます。デンタルガムやフロスなど、日本でも取り入れられ、自宅でのオーラルケアはとても身近な存在になりました。このことが日本で虫歯が少なくなってきている大きな要因です。数年前までは歯医者さんに通っていたひとも、最近では歯科医に行った記憶が無い方が多いのではないでしょうか。これらは、すべて歯磨き粉を始めとした自宅での歯のケア製品が知らない間に進歩したおかげです。自宅でできてしまうメリットは

  • とにかく安く済む。
  • 時間に捉われず、寝る前のちょっとした時間でできてしまう。

この2つです。

自宅で歯のホワイトニングを行う上で最も重要なのは「効果があること」、その次が「安全であること」です。歯のホワイトニングは、歯科医では漂白剤とLED光を使って行う現状からわかるように、単なる歯磨きに比べるとかなり高度な技術と機能が求められる製品群になります。このため、厚生労働省が、「たしかに効果がある」と認めた製品だけ認可される【医薬部外品】であることは必須です。【医薬部外品】の認可を持たない.歯のホワイトニング製品は、公的に効果が認められていないばかりか、安全性の面でも危ないのでやめておくべきでしょう。歯のホワイトニング製品は口から体内に入るものですから、危険なものを口には入れられません。

【医薬部外品】で歯のホワイトニングとして、ダントツの人気を誇るのが「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」です。ポリアスパラギン酸とリンゴ酸を主成分とし、その効果と安全性は厚生労働省のお墨付きです。非常に安く歯のホワイトニングができるだけでなく、使い方も至って簡単。毎日の.歯磨きと一緒できてしまいます。

歯のホワイトニングは歯医者さんじゃないと無理、とあきらめて高いお金と時間を使う前に、まず厚生労働省がみとめたその効果を確認してみるべきでしょう。すでに歯科医で歯のホワイトニングを行っている方も、「歯が黒ずんで来たら歯科医に行ってホワイトニングしてもらう」の繰り返しから脱却して、毎日の歯磨きにプラスするだけで、黒ずみの発生自体が無くなる医薬部外品の力を是非試してみてください。

歯のホワイトニングちゅらトゥース

歯のホワイトニングは慣れてしまえば歯磨き同様、毎日の習慣として自然と身に付いてしまいます。「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」は、歯のホワイトニングだけでなく、GTOを始めとした虫歯の原因であるGTase(不溶性多糖類合成酵素)を阻止する成分も入っているため、虫歯発生のリスクも大幅に無くしてくれます。

歯 ホワイトニング 成功

歯のホワイトニングは、歯磨きと一緒に自宅でするもの。

是非、厚生労働省が認めた「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」の効果を試してみてください。

歯 ホワイトニング 公式サイト

歯のホワイトニングで気になる漂白剤

もともと歯のホワイトニングを思い立った理由は、黄ばみや黒ずみで歯が汚く見えることから、美しい真っ白な歯にしたいと感じたためではないでしょうか。こういった歯の黄ばみや黒ずみはコーヒーやワイン、あるいはタバコのタールなど飲食物の色素沈着によって発生するものです。この歯に沈着した色素の色を短時間で消すために歯科医では強力な漂白剤を使います

その正体は過酸化水素水

しかも傷薬の殺菌で使うオキシドールの2倍以上の濃度のものです。オキシドールですら細菌を殺す力があるのに、その2倍以上の殺菌力をもつ漂白剤を使えば歯茎の細胞もたまったものではありません。しかし、歯科医でのホワイトニングでは.短時間で歯に沈着した色素を漂白しなくてはならないため、このような薬剤を使用しています。それだけではありません。歯科医院のホワイトニングではこの過酸化水素を、より活性化させる波長の強い光をLEDなどで照射しながら使うため、その細胞に対する殺傷力は強烈であり、施術中に痛みを発生してしまう人がいるほどです。

歯 ホワイトニング 痛み

美容整形でも集団訴訟の裁判が数多く起きていますが、どうしても美容の分野はリスクが付きもので、長年の歴史があり、安全とされているフェイス・リフティングでさえ失敗が後を絶たず、目の分野でももう20年以上の歴史を持つレーシックで失明している人がいるのはご存知の通りです。

「自由診療」あるいは「公的保険の適用外」とされる医療行為は、病気の治療ではないため、「本人の自由意思」となり、このようなリスクを承諾した上での施術と扱われてしまいます。歯茎の細胞が炎症を起こしたり、死滅したのでは、やがては歯が抜け落ちてしまいますし、そもそも炎症を起こした醜い歯茎ではいくら歯が白くても気持ち悪い見た目になってしまいます。

歯 ホワイトニング 失敗

しかし「自由診療」なので失敗しても自己責任の世界です

歯科医のホワイトニングは「ちょっと試してみようかな」などという軽い気持ちでやるべきものではありません。

「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」は、厚生労働省の厳格な安全基準をクリアした家庭でも安心して使える【医薬部外品】です。

歯 ホワイトニング 成分

しかも、歯科医が使う過酸化水素水とは逆に、歯肉炎を抑制する成分も入っています。さらに歯周病菌の繁殖も防いでくれるので口臭予防の効果まであります。

是非、安全で効果盛りだくさんの「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」をお試しください。
歯 ホワイトニング 公式サイト